うっすらと濡れて透けて見えそうなパンティを、恥ずかしげに隠そうとする風子。その手をそっと押しのけて、指でぴたりとアソコに触れる。
「や、やだっ……そんなとこ、はずかしいよぅ」
「だ~め。それに、こうすると、風子ちゃんも気持ちいいでしょ」
 俺は、秘処を隠す薄いパンティを横にずらしてしまう。生まれて初めて目にした乙女の部分に、俺の興奮は最高潮に達する。

 むき出しの秘所に、ふっと軽く息を吹きかける。そんな俺の仕草にも、鋭敏すぎる性感体は、少女の体中に快感を伝達してしまう。俺の息を感じるたびに、体をぴくぴく震わせて悶える風子。そんな彼女の淫らな姿態を見て、俺はさらに夢中になって彼女を感じさせようとする。

 くちゅっ……

 白くふっくらとした下腹部に刻まれた一本のスリット。少女の聖なる割れ目に指が触れると、湿った音とともにとろとろと透明な愛液が漏れ出す。
 軽く指に力を加えて、細いスリットを左右に開いていく。指に感じる少しの抵抗感、そして、目の前で露わになっていくサーモンピンクの鮮やかな秘肉は、愛蜜に濡れてきらきら輝いている。その美しい眺めに、思わず俺は唇を近づけてキスしていた。

「あんっ、だめ、だめだよぅ……そんなとこ、きたないもんっ」
「ううん、風子ちゃんの体のなかで、きたないところなんて一つもないよ」
 一旦、口を離してそんなことをささやいた俺は、再び少女の薄い隠唇にディープキスする。くちゅくちゅという淫音を立てながら、風子のアソコに舌を差し込んでいく。
「くっ……あっ……なんか入ってくるよぅ」
 胎内に感じた初めての異物の感触に、風子は思わず声をあげる。でも、その中にいくらかの快感の喘ぎが混じっているのに気づいた。

(そうか、風子ちゃん、とっても気持ちいいんだ……)
 そんな思いが、少女を愛撫する動きをエスカレートさせた。舌をさらに奥まで突き入れ、激しく出し入れする。まだ幼い風子の性器は、細い舌の挿入さえ辛そうにぎゅうぎゅう締め付けてくる。差し入れた舌を動かし、膣壁を舐めとるように丹念に愛撫していく。
 自分のもっとも敏感なとこをいじられる感触に、風子は身をよじらせて腰を引こうとした。

 俺は華奢な太股を抱え込むと、逃げようとする少女の体を引き寄せて、さらに舌をうごめかす。膣から引き抜いた舌先で、そのすぐ上にある小さなボタンを刺激した。包皮に包まれたクリトリスを、ちょんちょんっと弾き、舐めあげる……
 まだ自分でいじくったことさえ無さそうな、小さな真珠の粒を弄ばれる悦楽に、少女は幼い体をぶるぶる震わせて、さらに体の中から愛液があふれ出す。

 ぐしゅ、ぐしゅ……じゅるっ……

 そんな風子の愛蜜を、俺は卑猥な音を立てて舐めとり吸い上げる。とろとろと透明な液が次から次へと漏れだし、俺の喉をうるおしていく。
「風子ちゃんのアソコ、もうぐしょぐしょだよっ」
「もう、おにいちゃん、いじわるなんだから……」
 俺のちょっと意地悪な言葉に、風子は耳まで赤く染めながら非難の声を上げる。

「ね、こんなにべたべたしてたら気持ち悪いでしょ、脱がしてあげるよ」
「あん……そんなっ……はずかしいよぅ」
 そんな少女の言葉を無視して、俺の手がもうぐしょぐしょのパンティを脱がし、いや剥がしていく。分泌した愛液に濡れたパンティを無理やり引き剥がすと、布地と割れ目の間を蜜が糸を引くように垂れていく。