目の前に完全に露わになった彼女のスリット……先ほどからの愛撫ですっかり充血しきった大隠唇をゆっくり開くと、愛蜜に濡れて光るピンク色の谷間、その真ん中の小さな膣口までが目に飛び込んでくる。そんな少女の清楚な割れ目をぺろりと舐めあげるたびに、風子の細い喉が耐えがたい悦楽の吐息を奏でていく。

「あっ!……うんっ、だめっ……あうぅぅ」
 自分の口から漏れる恥ずかしい嬌声に、風子は真っ赤に染めた顔を背けてしまった。
 そんな彼女の頬をやさしく撫でてあげながら、俺はさらなる高みへと風子を誘う。クリトリスをなぶる舌の動きをさらに速めながら、人差し指をゆっくりとぴくぴく震える膣口に押しあてた。

 くちゅ、くちゃっ……

 ちょっと指先に力を入れただけで、少女の胎内からは溢れた官能の愛蜜が漏れだしてくる。透明なだけでなく、少し白濁した愛液まで分泌しながら悶える美少女。
 そんな彼女が愛おしくてたまらない、もっと気持ちよくしてあげたい。そういう思いを抱きながら、指先をずぶずぶと潜り込ませる。

「あ……だめっ、なんか中にっ……あん!」
 まだ未成熟の性器をえぐられる痛みと官能に、風子はかすれた吐息をもらす。それでもすっかり濡れそぼった膣穴は、細い指ぐらいならそれほど抵抗無く飲み込んでいく。
 湿った音をたてながら、俺は指を軽く前後にスライドさせる。締め付けのきつい風子のヴァギナの感触を楽しみながら、幼い膣壁を擦るように愛撫する。胎内から激しくわき上がる快楽の奔流に、風子は激しく体をよじらせて声をあげる。

「風子のからだ、なにかへんっ……へんだよぅ……でも、気持ちいい・・」
 左右に身悶えする少女の体、その動きで突きこまれる指の角度が微妙に変わり、ますます彼女の性感を高めていく。
 そろそろかなっ、そう感じた俺は、スライドさせる指の動きを速めながら、小さな真珠色のクリトリスをぎゅうっとつまみ上げた。

「あんっ……だめ、そこっ、いいのっ……あんぅ!」
 とうとう甲高い悲鳴をあげた風子は、体をぴんっと弓反らせて絶頂を迎える。大きく肩で息をしながら、エクスタシーの余韻に体を震わせる少女のエッチな体に、俺はところかまわずキスの雨を降らせていった。
 
「かわいかったよ。風子ちゃん」
「やだ、もう、恥ずかしいな」
 まだ体のところどころをぴくぴく痙攣させながらも、風子ははにかんだ笑みを漏らした。そんな彼女の瞳が、俺の体の一点に止まる。

「おにいちゃんだって、そんなにして! もう、エッチなんだから~」
「あ、こ、これは。だってね~」
 そう、風子の視線はまっすぐ俺のアソコを見つめていたのだ。
 先ほどまでの風子の乱れ具合は、俺の息子を元気にさせるのに十分だった。いきり立ったモノは、少女の視線を感じてさらに興奮を増していく。
 
「こんどは、風子が気持ちよくしてあげよっか?」
「えっ……でも、そんな……わるいよ」
「ううんっ、いいの。それに、わたしばっかりなんてずるいもんっ」
 風子は、そんなことを言いながら、俺の下半身に小さな手を伸ばす。ズボンと下着を一緒に引き下ろた瞬間、ぴょんという感じに飛び出した肉棒に、彼女はちょっとびっくりした表情を浮かべた。
「はじめて見ておどろいたんでしょ、風子ちゃん?」
「ふんっ、お馬さんのモノならみたことあるもんっ……て、わたし、何言ってるんだろっ」
 
 自分自身の恥ずかしい言葉にちょっとどぎまぎしながらも、風子はおずおずと両手で目の前のペニスに触れる。
 しっとりとした少女の肌ざわりが、火照る肉棒を通して俺の全身に広がっていく。女の子に触ってもらうだけでもこんなに気持ちいいなんて……
 俺の表情を上目遣いに見ながら、風子は小さな口を静かに近づけていく。ちょんちょんと亀頭に軽いバードキス。それだけでも十分なのに、風子ちゃんは、肉棒の先端にもう滲みでてきた液体をすくうように舌で舐め取ってくれる。少女のなめらかの舌の感触を感じて、俺の肉棒はますます激しくいきり立っていく。