「あ、彩子さん・・・すごい・・・」
 ぼーっとしながら浩一が言った。
「ふふっ、気持ちよかった?」
「は、はい・・・すごく・・・」
「よかったわ。それじゃ、ね、今度はあなたが・・・」
「はい」
「ね、立ったままして・・」
 浩一は立ち上がり、彩子を抱きしめた。腹の辺りで彩子の形のよいバストがつぶれる。
そしてキスをした。お互いの舌がウネウネと別の生き物のように動き、絡み付く。唇を
唇で挟み、吸い上げる。ぴちゃ、ぴちゃ、と音がする。
 しばらく唇同士の愛撫を楽しんだ後、浩一は彩子の耳から肩にかけて唇を這わした。
「んん・・・」
 痺れるような甘い快感が彩子の身体全体を包み込んだ。
 優しいとろけるような愛撫を楽しんでいた彩子であったが、快楽の奴隷になった身体
の方は、もっと直接的な刺激を要求した。
 それに抗う術は今の彩子にはない。
 浩一の手を取り、すでにぐちょぐちょに濡れている自分の秘部にあてがった。 
 すぐに浩一の手が彩子の最も敏感な部分をまさぐる。
「ああっ」
 力が抜けそうになり、思わず浩一の首に腕を回してしがみついた。
「すごい濡れてますよ、彩子さん・・太腿の方まで・・」
「いやっ、そんなこと言わないで」
 わずかに羞恥心が復活し、そんな言葉を吐く。しかし言葉とは裏腹に身体はうち震え
ている。
 浩一は彩子の前にしゃがみこんだ。さっきとはお互い逆の格好だ。言われもせずに彩
子が足を広げる。浩一が下から水滴と愛液で濡れ光る秘部を見上げた。
「すごい・・・」
 両手をあてがって茂みをかき分け、敏感になっている肉唇を広げた。
 ああ・・下から見られている・・
 羞恥心が快感に変わる。
 浩一はぱっくり開いた彩子の下の唇に自分の唇をそーっと近付けた。触れるか触れな
いかの距離でゆっくりと舌を這わす。
「あうっ」
 彩子は思わず両手で浩一の頭をつかんだ。頭をさらに自分の秘部に押しつける。浩一
のざらっとした舌の感触が感じられた。何度となく舌が行き来する。快感の波が彩子を
襲う。肉芽を唇で吸われる。その度に彩子の身体がピクン、ピクンと痙攣する。
「ね・・さっきあたしがしたように、して・・・」
 足を大きく広げると、浩一が彩子の股間に潜り込んだ。浩一の真上に彩子の淫乱な口
が蜜をたたえて広がる。首を延ばして激しく吸った。ぢゅるぢゅる・・淫音が響く。
「ああっ・・スゴイ・・・気持ちイイわぁ」
 さらに激しく攻め立てる。浩一の口の周りが愛液で光っている。舌を動かす度にクチュ
ジュプ、と音がする。
「いいっ、もっとぉ~・・お尻の方もしてぇ~」
 浩一は彩子の後ろに回ると両手で尻の肉を広げた。弾力のある小ぶりなヒップが左右
に別れ、中心にすぼまった菊門が可愛く顔をのぞかせる。わずかにヒクヒクと蠢いてい
た。
 浩一は自分がやられたように舌で攻め立てた。
「ひぃぃ、あ、ああぁっ!」
 肛門の周りを虫が這うようなおぞましい快感が彩子を責めた。腰が砕けそうになるの
を必死で耐える。この不安定さがまた快感を引き立たせる。
 浩一は肛門を舌で愛撫しながらさらに手を前に出し、蜜が溢れ出る肉唇への攻撃を開
始した。中指を立て、そうっとクレバス内への侵入を試みる。
「ひっ!」
 今までとは別の新たな快感が加わり、彩子は悶絶した。
 指は何の抵抗もなく、するりと根元まで埋没した。最初はゆっくりと上下にピストン
運動させてみる。その間も舌での菊門への攻撃は続く。指を抜き差しする動きに同期し
て彩子の「あっ、あっ」という声とチュプッ、チュプッという音が響く。 
「どうですか、彩子さん・・」
「いい~っ、もっとぉ~、もっと激しくしてぇ~!」
「ああっ・・スゴイ!・・・こんなの初めて!」
「もっと指を突き入れてぇ! あっ、あっ、そう! お尻ももっと激しくぅ!」
 既に彩子の理性は吹き飛んでしまっていた。欲望のままに叫ぶ。
「ああっ!いい!気持ちいい!」
「もっと、突いて!突いてぇ!」
 浩一はさらに指と舌の動きを速くした。
 絶頂への速度が加速度的に増した。
「ああっ!イク!イっちゃうっ!」
「ダメぇ!イクぅ!イクうぅーーーー!!」
「ああっ!!」
 二度三度と激しく身体を痙攣させながら彩子は絶頂に達した。
 身体の力がすべて抜け、後ろにいる浩一にがっくりと身体を預ける。意識は朦朧とし
ている。恍惚の視線が宙を仰いだ。まだ身体はピクン、ピクンと痙攣している。
 山の頂に登りつめ、直後に奈落の底に転落していったような気がした。
 しばらくは言葉も出なかったが、やっと我に返った。浩一は優しく彩子を抱きしめて
座っていた。
「あ、あたし・・・」
「だいじょうぶですか?彩子さん」
 浩一が声をかけた。
「ええ、だいじょうぶ、すごかったわ・・・」
 やっと意識が正常に戻る。
 よく見ると浩一のモノがまた復活していた。
「あら、やっぱり若いわね。もう元気になってる。」
「へへ、彩子さん見てたらまた興奮してきちゃった。」
 浩一はてれくさそうに答えた。
 イったばかりだと言うのにまた彩子の身体のなかの獣が騒ぎ出した。
「いいのよ、まだ時間はたっぷりあるわ・・・」
 欲望はとどまることを知らなかった。性の食宴はこれからメインディッシュを迎える。