官能的なエロ小説

官能小説・エロ小説を無料公開中。

SM遊戯

雅の身体がビクッと震えた。
「い、いやっ! そんな汚いところ、触らないでっ!」
「何言ってるの。 ここでもご主人様を迎え入れられるようにしなきゃダメじゃな
い。 どう、お尻の穴を揉まれるのは?」
「き、気持ち悪い! お願い、やめて!」
3本の指先でローションを塗り広げ、皺を一つ一つ丁寧に伸ばしながら、ローション
を塗り込んでいく。
遥の人差し指に力が込められ、ぬぷっと雅のすぼまりに呑み込まれた。
「ひいぃぃぃーっ!」
「どう、お尻の穴に指を入れられた感触は? オマ○コの時とはちょっと違うでしょ
? こうやってゆっくり広げていくのよ」
人差し指が抜き差しされ、それに合わせて指をくわえ込んでいる周囲の筋肉が盛り上
がったりへこんだりする。
指を曲げて外の親指の腹とですぼまりの周囲と筋肉を揉みほぐす。
「イヤッ! お願いっ、んあぁっ! 気持ち悪い!」
「そのうちに気持ちよくなってくるわよ。 だって雅ちゃんはマゾなんだもの。 こ
んなに柔らかくなって膨らがってきたわよ、ホラ!」
遥の念入りなマッサージで雅のすぼまりの筋肉は解きほぐされ、ローションで潤った
指を難なく受け入れてしまう。
「それじゃあこれはどう?」
人差し指が引き抜かれる。
「ひぃあぁっ!」
今度はもっと太いものが体内に潜り込んできた。
「はうぅぅぅっ....」
「中指よ。 さっきオ○ンコにも中指を入れたけど、同じ指なのに全然感じ方が違う
でしょ。 ほら、どう?」
「いやぁぁぁ...やめてぇ....」
力無く頭を振る雅だったが肛門からわき上がる不気味な感触は一向に無くなる気配は
なかった。
中指をズポズポとピストンさせると、肛門内部でグポグポという音がした。
「もう楽に中指が出入り出来るわよ。 ホラ、ホラ!」
遥の指の関節が襞肉をこすり、すぼまりから顔を出したときに雅の身体が引きつっ
た。
遥は雅の反応に気がつくと一番太い第二関節が引っかかるようにして指を出し入れさ
せる。
「いやっ! ダメッ!」
「何がダメなの? お尻の穴が気持ちよくなって来ちゃったんでしょ?」
「そ、そんなこと...あんっ!」
「だって、オマ○コから雅ちゃんのエッチなお露が溢れ出してきたわよ」
「そ...そんな...んあぁ...」
「それじゃあこれで楽しんじゃおうか!」
遥は細身の青いボディのアナルバイブを傍らのワゴンから取るとバイブの頭ローショ
ンを垂らした。
遥の中指よりもほんの少し太いアナルバイブを今まで遥の中指をくわえ込んでいたす
ぼまりに押し込んだ。
「ひいぃぃぃーっ!」
括約筋は遥のマッサージで柔らかくなっており、アナルバイブは何の抵抗もなくあっ
さりと根本まで呑み込まれてしまった。
「い、いやっ....抜いて...抜いてください....」
「だめよ、これからじゃない」
そういうと遥はアナルバイブを抜き差しする。
「ダ、ダメーッ! 動かさないで~っ!」
突き込まれるよりも抜かれるときの方がバイブの長さを感じてしまう。 ズルズルズ
ルッと出ていく感じである。
そしてググッと入ってくる。そのたびにお尻の穴の周囲がめくれ上がり、巻き込まれ
る。
初めての感触に最初は肌が粟だった雅だったが、意外なことに徐々に気持ちよくなり
はじめ、堪えようとしても声が出てしまうようになってしまっていた。
「あん....はあぁぁぁ...やめて...おかしくなっちゃう....」
「うふふっ....思った通りね。 お尻の孔も気持ちよくなっちゃうんだから。 
バージンなのにお尻で感じちゃう何て雅ちゃんって生まれついてのマゾみたいね」
「いやぁ....」
「それじゃあもうちょっとサービスしてあげるわ」
アナルバイブを根本まで挿れると、同じぐらい細いバイブをもう一本取りだした。
「やっぱり我慢できなくなっちゃった....これを雅ちゃんのバージンのオマ○コ
に入れてあげる。 でもこれは私の中指よりも細いから大丈夫よ」
雅の目の前に出された真っ赤なシリコン製のバイブはアヌスの初心者用らしく、亀頭
部もなくまっすぐだった。
「い、いやっ! それだけは....お願い! やめてっ!」
「さっきだって大丈夫だったじゃない。 細いから大丈夫よ、ほら!」
リビングで弄ばれたときに吐き出した淫汁とアナルバイブで感じ吐き出した淫汁で、
細身のバイブはあっさりとバージンの秘孔に潜り込んでしまった。
「イヤァァァ....」
真っ赤なバイブが大きく開ききった肉襞に呑み込まれていく。
「深雪、雅隆、助けてっ! あうぅぅぅ~っ!」
ゆっくりと、しかし着実にバイブは前進していく。 遥は雅の反応を楽しむように少
し挿れると少し抜き、そしてまた挿れるというようにしてバイブを抜き差しする。
「お尻の青いバイブとオマ○コの赤いバイブがツルツルのオ○ンコに良く映えてるわ
よ。 そうだ、記念写真を撮ろうかしら」
そう言ってワゴンからカメラを取ると雅の惨めな姿を撮影し始めた。
「い、いやっ! 写真なんか撮らないでっ!」
「何言ってるのよ。 ご主人様に報告しないといけないんだから。 それにしてもデ
ジカメって便利よね。 離れているところでも直ぐに写真が送れるんだから」
何度もシャッターを切ると、遥は真っ赤なバイブの根本を持って雅の最奥までゆっく
りと押し込んでいった。
「だめぇぇぇ....ゆ、ゆるしてぇ...あうっ!」
バイブの先端が子宮孔を押し上げた。
雅の目から涙がこぼれ落ちた。 さっきは遥の指だったが今度は全く違うものに貫か
れたのである。
血がでなくても、処女膜が破れなくてもバージンを失ったも同然であった。
細いながらも二本のバイブが突き入れられた股間は、バージンの雅にはあまりにも無
惨であった。
マゾヒストなのか、サディストなのか、遙の性癖は不明であったが、今まで優しかっ
た姉のような遙からの変貌はまるで一般人に紛れ込んでいる魔女が本性を現したかの
ようであった。
「大丈夫よ、オマンコはこれ以上はやらないから。その代わりお尻で楽しませて頂戴
ね♪」
青いバイブをつかむと、遙は手前に引き出す。
ズルズルッと引き出されるバイブの摩擦に内部の粘膜が簡単に負けて真っ赤な肛壁を
まくり返されてしまう。
「うぅぅぅぅっ....」
「あら、こんなにウンチをくっつけちゃって....ちゃんとお腹の中を綺麗にしな
いとね...」
引き出した青いバイブを荒々しく突き立てた。
「ヒイ~ッ!」
「深雪ちゃん達じゃあ絶対味わえないようなことをしてあげるわね。楽しみにしてい
らっしゃい」
遙は真っ赤に充血して数倍に膨らんだ淫核を指先で転がした。
「ああぁんっ!」
2本のバイブをくわえ股間がブルブルッと震え、鼠蹊部の筋がピンと引きつった。
「せっかくだから深雪ちゃんと雅隆君にも調教の手伝いをしてもらいましょう
ね...ね、雅ちゃん!」
雅のFカップの乳房に手を這わす。
「そ、そんな....深雪達を巻き込まないで!」
遙のホッソリとした指が巨大なマシュマロのような柔らかい乳肉に喰い込み、やわや
わと軽く揺さぶるだけで先端の桜色の蕾までもが揺れ動いた。
「ダメよ、これはもう決めたことなの。 雅ちゃんは、もう逃げられないのよ。 私
からも、あなたの妹弟からも....もちろん雅ちゃん自身のマゾの血からも
ね....」
背後のワゴンに乗せられたものを取ろうと振り返った遙が、次に遙の方を向いたとき
に、雅は遙の顔を見て心底恐怖を感じた。
まるで同一人物とは思えない遙の顔は、魔女どころか般若のようであった。
その手には雅が今まで見たこともないような器具が握られていた。
「いやぁ~っ!」

遙は寝ずに雅を弄んだ。
雅は産婦人科の内診で使用するクスコと呼ばれるアヒルの口のような器具で内部までのぞき見られ、胎内すら撮影されてしまったのだった。
雅は遙に浣腸され排便までも撮影されてしまったのだが、次々に襲い来る暴虐ならぬ性虐に理知的な心はすり切れ、麻痺していった。そして寝ずに責め続けられ快感呆した精神は途中から我が身に降りかかった悪夢のような所行を全く覚えていなかった。
だが雅の身体は覚えていた。雅を構成している1つ1つの細胞はその快感を記憶にとどめ、さらなる官能を受け入れることができるように...
性に奥手な雅を徹底的に辱め、そのような行為が雅にとって当たり前になるようにするのが遙の役目だったのだが、それは夜中だけという少ない時間だけである程度達成できていた。思考が麻痺し、一時的とはいえ快感を貪ってしまった雅が元に戻ることができるとは遙には思えなかった。バージンどころか一般人では経験できないようなアブノーマルな仕打ちをビデオとデジタルカメラで撮影されてしまった雅はすっかり疲れ果て、全裸のままでSM調教室の簡易ベッドで眠っている。
その雅の身体には荒縄ではなく、エナメルでできた黒いベルトが巻き付いている。正 確に言うと黒いベルトを巻き付けているのではなく、アダルトショップで売っているベルトとベルトがリングで留められているエッチなコスチュームを着ているのであるが、雅が目を覚まして自分が身にまとっているものを見たとしても区別はつかないだろう。
雅の身体には黒いベルトが亀甲縛りのように喰い込み、88cmのFカップの乳房はきつく絞り出され、媚肉にはぎっちりとベルトが喰い込いこんでいた。
遙は雅が逃げられないことを知っていたし、逃げようとしないだろうと思っていたが、雅が自分に報復を図ろうとするかもしれない可能性を無視することができなかったので、足首に鎖のついた枷を取り付け、ベッドの脚に取り付けていた。
遙は雅が眠った後にご主人様に雅の画像を圧縮してメールで転送していた。エロビデオの 映像はご主人様と会った時に手渡す予定である。
遙は以降のSM調教をどうするか考えていた。
深雪と雅隆をどのようにうまく使うべきかもである。自分が雅を調教していることをあの二人に気づかれてはまずいが、一日中羞恥責めと縄の魔力を雅に味わわせなければならない。遙自身、まさかこんなに早く雅が自分達のものになるとは思いも寄らなかったので、どうしたらいいのかわからなかったのも事実であった。
遙は死んだように眠る雅をそのままにして調教部屋を出ていった。
遙は朝までかけて雅の当面の調教計画を考えた。
深雪と雅隆にお願いして二人に恥ずかしいことを手伝わせなくてはならなかったが、これについては雅にうまく説明させようと思っていた。雅が完璧なマゾ奴隷になるまで深雪達にご足労願い、夜に家をこっそりと抜け出させ、ここで調教すればいい。
しかし雅の休暇が終わった後のことも考えねばならない。そのことで頭を悩ませてい た遙だったが、ふとあるアイディアがひらめいた。
「これだったら、完璧ね。ご主人様に連絡しなきゃ」
遙はPCの電源を入れ、ご主人様に以降の計画をメールに書き送信した。数時間後にご主人様から電話がかかってくるだろう。そのときのご主人様の言葉が遙は今から楽しみであった。
SM調教部屋で疲れて眠っている雅は遙の恐ろしい計画がどのようなものであるか知るわけもなく、ましてやこれからの自分の運命など知る由もなかった。
毎日、それも朝から晩まで調教の日々になることなど....
数時間後...
遙は電話を切ると、SM調教部屋に戻り雅を起こした。
「雅ちゃん、起きなさい! もう10時よ!」
朝方まで寝ることも許されずに徹底的に責められ続けた雅は遙の声に反応するも、なかなか起きることができなかった。
「早く起きないと昨日の続きをするわよ!」
雅は寝ぼけた頭で遙が口にした恐ろしい言葉に咄嗟に反応し、ガバっと跳ね起きた。
「雅ちゃん、おはよう」
ニッコリ微笑みかける遙は昨日自分を徹底的に辱めた遙ではなく、雅の知っている優しい遙の顔であった。その顔を見ていると昨日のことは全て夢だと思ってしまう。いや、そう思いたかった。
しかし今自分が身にまとっている物を見れば夢ではなかったということがイヤでも思い出されてしまう。
ベッドの上に座ったままの雅は上目づかいに遙を見ると、恥ずかしそうに返事をした。
「....お、おはようございます....」
「よく寝れた?」
「は、はい....」
「それはよかったわ」
「......」
「雅ちゃん、これから貴女は私の調教を毎日受けるのよ。でも私が雅ちゃんにこんな 事をしているのを深雪ちゃん達に知られたくないの」
雅にしても深雪達に自分の身に降りかかった性虐を話すことなど出来るわけがなかっ た。姉弟3人が信頼している遙に長女が弄ばれたのである。それも遙の性技にまったく耐えられずに何度も絶頂を味わわされ、前と後のバージンまでも奪われてしまったのである。
「わ、私だって....」
雅は頬を赤く染めて顔をそむけた。
「だから二人には私は今まで通りの遙でいさせてもらうわね。そうしないと叔父さん
に顔向けできないからね」
雅が深雪達に知られたくないだろうことはわかっていたがあえて確認すると、遙はこれからの事を雅に説明した。
「私は夜だけ雅ちゃんを調教することにするわ。でもそれだけじゃ雅ちゃんのマゾの欲求は満たせないから深雪ちゃん達にも協力してもらうわ」
「えっ! 深雪達にも? あの子達を巻き込まないで!」
「何言ってるの、事の発端はあの子達じゃない。 ちゃんと責任をとってもらわないとね」
「そんなこと言っても....」
「昨日雅ちゃんに教えてもらった話だと、私の所に遊びに来たついでに本当のマゾかどうか確かめに来たんだったわよね。だから家に帰ったらやっぱり正真正銘のマゾだっ たと二人に言うのよ。それであの快感を忘れられなくなったから二人に調教して欲し
いってお願いするのよ。そうすれば二人とも怪しまないでこっそり雅ちゃんを調教してくれるわよ」
「無理です、そんなこと」
「だってどうしてもダメだったら二人の奴隷になるって言ったんでしょ? 大丈夫よ」
「そ、それは.....」
バージンを奪われる恐怖に雅はこんな余計なことまで遙に喋ってしまっていたのである。
「昼間は深雪ちゃんと雅隆くんに、そして夜は私に調教されれば完璧よ」
「イヤです! マゾとして調教されるなんて耐えられません」
「だって雅ちゃんはマゾなのよ。自分でも確認できたんでしょ? だったらそれを異常とか不幸とか思わずに真正面から受け止めなきゃ。 逃げるのは嫌いでしょ?」
「それとこれとは話が違います」
「でもマゾだっていうのは認めるんでしょ?」
「.....」
「しょうがないわね....それじゃあ命令するわ。さっき言ったようにするのよ、わかった? 言うことを聞かなかったら昨日撮影した写真やビデオは深雪ちゃん達だけじゃなくて会社の人たちどころかインターネットで世界に発信しちゃうからね」
「そんなことされたら私、生きていけません」
「だったら、命令を聞きなさい。いいわね」
「.........」
「返事は!」
「.....はい」
「それじゃあ家に帰してあげるわ。お風呂に入って綺麗にしてから帰りなさい」
遙はベッドの足から鎖を外してやると、雅をつれて明るい日差しの照りつける庭に出ていった。

↑このページのトップヘ